リゾートホーム BLOG

軽井沢の別荘

軽井沢に別荘の購入を検討中の方必見!軽井沢の季節ごとのリフレッシュについてご紹介します。

2018年09月18日 Writer:りぞほくん

軽井沢といえば、夏でも涼しく過ごせるというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。



長野県に位置していて、浅間山の南麓、標高950mから1200mの傾斜面にあり、夏は涼しく冬は寒い「高冷地気候」です。

歴史も非常に長く、落ち着いた高級別荘地ということから、軽井沢に別荘を設けることは一種のステータスになっています。

別荘の購入をお考えの方の中にも、軽井沢に別荘を建てようか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


軽井沢は避暑地として有名なため、夏以外の過ごし方はイメージがしにくいという方は多いかと思いますが、春、秋、冬にも軽井沢には様々な魅力が詰まっています。

今回は、軽井沢に別荘の購入をお考えの方に、季節ごとの軽井沢の気候と、リフレッシュの方法についてお話させていただきます。



*春(3~5月)

軽井沢は冬の寒さが非常に厳しく、4月まで降雪が記録される地域になります。

5月頃までは昼夜の気温差が大きく、春とはいえまだまだ冷え込みの厳しい時期になりますので、薄手のコートやダウンジャケット、ロングパンツで防寒することをおすすめいたします。


おすすめの過ごし方としては、主にショッピングや温泉を楽しむことがあります。

軽井沢・プリンスショッピングプラザには、ブランド物が、お手頃価格で購入できるアウトレットが多くあります。

また、ハルニレテラスには、温泉やショップ、レストランなどがあり、日々の疲れを癒してくれます。

夏に備えて夏服の購入をしておくと共に、まだ少し寒さが残る軽井沢の気候で、冷えた体を温泉で温めてはいかがでしょうか。



*夏(6~8月)

軽井沢のメインシーズンである夏ですが、8月でも平均最高気温は約26度、平均最低気温は約17度と非常に過ごしやすい気候になっています。

標高が高く少し日差しが強いため日中は汗ばみますが、夜は冷え込むので薄手のカーディガンなどの、羽織ることのできる服を準備しておいた方が良いかもしれません。


この時期の過ごし方としては、レジャーを楽しむことをおすすめいたします。

軽井沢には、ゴルフ場が多数点在していて、簡単にアクセスできますし、軽井沢にはハイキングに適した山も数多くあります。

有名な旧碓氷峠へは、頂上近くの見晴台まで走行している赤バスもあり、見晴台からは、妙義山、浅間山、南アルプスなどの素晴らしい景色が一望でき、運が良ければ雲海の絶景も楽しむことができます。

ご家族で小さいお子さんがいらっしゃる場合は、軽井沢タリアセンをおすすめいたします。

軽井沢タリアセンには様々なレジャー施設があり、ちびっこアーチェリーやちびっこ広場など、小さいお子さんでも楽しむことのできる施設がたくさんあります。


また、軽井沢にはメディアにも取り上げられる有名店が数多くありますので

運動後においしいものでお腹を満たすのもおすすめです。特に、塩沢通りなどは、別名グルメ通りとしても知られていて、あのジョン・レノンが通った「離山房」があることでも有名です。

夏場は、テラスを開放して外でお食事をお楽しみいただけるお店もあるので、この時期は特におすすめです。


夜になると軽井沢の発地にある、ホタルの里ではゲンジボタルやヘイケボタルを見ることができます。

普段、都会ではなかなか目にすることのできない光景が楽しめます。



*秋(9~11月)

東京などの都市部では残暑が厳しいですが、軽井沢では一足先に秋が訪れます。

寒暖差が10度近くもあり、日中は長そでで過ごすことも可能ですが、夜中は冷え込むので厚手のジャケットが必須になります。


11月には早くも積雪が記録され始めますので、防寒対策をしっかり行うことをおすすめいたします。

この時期は紅葉が観光地をきれいに彩ってくれます。特におすすめの観光地としては、白糸の滝です。

湾曲した岩壁に数百条の地下水が白糸のように落ちる白糸の滝。

それらを紅葉がきれいに彩っている景色は、この時期にしか味わえないものです。



*冬(12~2月)

冬の軽井沢は、非常に厳しい寒さになります。12~2月の平均気温は、札幌の平均気温に近い数字です。

ダウンジャケットやニット帽、手袋などで万全な防寒対策をすることをおすすめいたします。

冬には「軽井沢プリンスホテルスキー場」でスキーやスノーボードといった、ウィンタースポーツを楽しむことができます。

避暑地として有名な軽井沢ですが、冬にも楽しめる要素はございます。



□まとめ

以上が、季節ごとの気候に合わせた軽井沢での過ごし方になります。

軽井沢といえば避暑地のイメージが強いかと思いますが、季節によって様々なリフレッシュの方法があります。

軽井沢に別荘の購入をご検討中の方は、是非この記事を参考にしていただけたらと思います。

鞍手R-1、4960万円.JPG

株式会社 リゾートホーム 
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢386-11
TEL 0267-42-8775/FAX 0267-42-8685
(軽井沢駅より徒歩7分/駐車場ございます)

リゾートホーム外観

PAGE TOP

PAGE TOP