リゾートホーム BLOG

売却/購入/建築/中古, 魅力/エリア/選び方

軽井沢で定住用の別荘探し&定住で気を付けるべきポイント

2020年05月15日 Writer:りぞぱぱ

どうも、りぞぱぱです。
今回は「軽井沢に住む」をテーマに考えていきます。
これまで、りぞほが定住についてご紹介していますが、本日は少し掘り下げてご紹介します。

 

そもそも軽井沢は避暑地や観光地として認識されている方が多いのではないでしょうか。
現役世代では、新幹線の開通によって東京への通勤圏となったことや、
働き方の変化などによって軽井沢に定住しようとする方も増えています。

 

また、定年後を軽井沢で過ごしたいという方も増えています。
しかし、避暑地である軽井沢ですから、冬は当然寒いということで
心配して二の足を踏まれている方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回は、冬の軽井沢の過ごし方にフォーカスして
定住用の別荘探しのポイントと定住する際に気を付けるべきポイントを3つご紹介します。

 

定住ポイント_20200522_編集済.JPG

 

◆その1 寒さ対策

軽井沢の冬の寒さはとても厳しく、
1・2月の平均気温は-3℃、平均最低気温は-8℃、ときには-16℃まで下がることもあります。
でも、必要以上に心配することはありません。
適切な対策を講じることで快適に過ごすことができます。

 

具体的には、建物の断熱性能と寒冷地に適した暖房器具を状況に応じて使うことです。
建物については、新築であれば現在の基準で建てられていますから
あまり心配することはないと思いますが、
中古の場合は建てられた時期や利用目的によって状況が異なってきますので注意が必要です。

 

わかりやすいのは窓ガラスです。
現在はペアガラスが主流になっていますが、
30年位前の建物になるとシングルガラスが主流で断熱性能が劣るものがあります。
また、リフォームのために壁を剥がしたら密度の薄い断熱材しか入っていなかったとか、
そもそも断熱材が入っていなかったということもあります。
古い建物になると建築当時の図面がないため確認できないということもありますので注意が必要です。

 

暖房器具は、FFファンヒーター、床暖房、パネルヒーター、
蓄熱式暖房機、寒冷地用エアコン、薪ストーブなどいくつもの選択肢があります。
費用対効果の観点からFFファンヒーターを採用するケースが多いです。
また、床暖房や他の暖房機と併用することでより快適に過ごすことができます。
なお、薪ストーブや暖炉にも憧れをお持ちの方もいらっしゃいます。
暖房の即効性は望めませんが、ぱちぱちと薪の爆ぜる音を聞きながら
本物の火で暖を取るのは自然で、とても魅力的です。
冬の軽井沢を楽しむアイテムの一つですね。

 

◆その2 凍結

軽井沢の冬は標高の高い別荘地だけでなく、町全体が凍結の対象になります。
生活するうえで特に気を付けるべき点は、
給水設備玄関から駐車場までの動線立地環境の3点です。

 

凍結防止帯とは、外部に露出している給水管に電熱線を這わせて
給水管の凍結を防止するものですが、
古いものですとサーモスタットの故障等で
思わぬ凍結トラブルを起こすことがありますので点検は欠かせません。

 

定住の場合、室内が凍結する心配はほとんどありませんが、
数日留守にする場合には注意が必要です。
室温がマイナスになるようなケースでは、
最小限の暖房を入れておくか、完全に水抜きをする必要があります。

 

また、日常生活のうえでも足下に注意が必要です。
例えば、玄関ポーチに屋根がかかっているか、玄関から駐車場までに滑りそうな傾斜はないか、
駐車場に屋根はかかっているかなど、その時にならないと気付かない部分もあります。

 

そして、ここで大事なことは立地です。
いくら良い建物だったとしても、急な坂道を通らなければならない場所では定住には向いていません。
また、軽井沢の特徴でもある豊かな自然ですが、建物の近くに大きな樹木があるのも注意が必要です。
日照を妨げたり、樹木に積もった雪や氷、樹液、枯れ枝の落下などによって
快適性を阻害される場合があります。

 

このようなことも考えながら建物を見るとオールシーズン向きなのか
別荘向きなのかということの判断ができるのではないでしょうか。

 

◆その3 除雪

軽井沢で生活するにあたって自動車は欠かすことのできないアイテムです。
そこで気を付けていただきたいのは降雪時の雪かきのことです。
公道なのか私道なのか除雪されるのかされないのか
無料なのか有料なのか、これはとても重要なポイントです。
除雪対象の公道に面していると理想的なのですが、
そのような物件は多くありませんので、
有料であっても除雪してもらえる物件を選ぶようにしたいものです。

 

◆まとめ

一般的には西日の入る家は敬遠される傾向にありますが、
避暑地に慣れた方の中には、敢えて西日の入る家を求める方もいます。
建物設備や庭木は後付けである程度変更できますが、
全体的な環境や立地はどうすることもできません。
気候の良い季節に物件を探す場合、見落としがちな部分もありますので、
この記事を参考に皆さんが納得のいく住まいを見つけられることを願っています。

 

リゾートホームでは、別荘の売買、建築相談、不動産コンサルティングなどを行っています。
お困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

<おすすめ物件はこちら!>

歴史を刻む旧軽井沢 ! 樹木と苔の共演 !!【5,000万円】

☆利便性重視した新スタイル『中軽井沢テラス』誕生 !!【2,800万円】

緑溢れる泉の里別荘地 !! 利便性良好 !【13,588万円】

 

<人気記事>

軽井沢で別荘をお探しのあなた!不動産用語の違い分かりますか?

軽井沢で別荘を購入!どのような維持費がかかるのかを解説

軽井沢の別荘に定住する前に。知っておきたい周辺施設

 

 

 

最近のブログ記事

カテゴリ&アーカイブ

ライター別に見る

ブログ記事一覧

リゾートホームが選ばれる理由

~軽井沢の不動産や別荘の購入・売却は株式会社リゾートホームへ~

株式会社リゾートホームのサイトをご覧いただき、ありがとうございます。弊社は、軽井沢の物件をメインに取り扱っております不動産会社です。近年では別荘も求めやすくなり、軽井沢でリゾートライフを過ごすことは夢物語ではなくなりました。個人のお客様はもちろんのこと、企業様向けの保養地としても最適な物件もご用意しておりますので、物件探しの際は弊社が全力でサポートさせていただきます。

軽井沢が別荘地として選ばれる理由

軽井沢が別荘地として選ばれている理由の一つとして、避暑地に適しているという地理的理由が挙げられます。自然豊かな軽井沢に夏になると多くの人が訪れますが、どのくらい涼しいのかというと、ここ10年間の8月の平均気温が21.0度、東京の27.8度と比べると6.8度の差がありますので、充分な涼しさを感じることができます。また、もう一つの理由として軽井沢の自然を残しつつ、道路の整備や街並みづくりなどが行われ、高い建物が建てられないようにしているなど景観が保護されています。その他にも新幹線や車でのアクセスの良さ、町内に点在するレストランやカフェ、ショッピング、スポーツなど多くの楽しみがあるため飽きることがありません。こうした理由から、軽井沢が別荘地として選ばれています。

軽井沢エリアでご紹介できる物件を多数ご用意

弊社では1000万円以下の軽井沢の物件も豊富にご用意しております。最低ラインであれば、約500万円前後の物件もあります。また中古の物件も扱っており、土地は旧軽井沢や追分など、幅広いエリアに分布していますので、どんな別荘を建てるのか、はっきりアイデアが固まっていない場合でも、ぜひお気軽にお尋ねください。弊社には軽井沢の地理や不動産情報に精通したスタッフがいます。周辺環境にも詳しいですし、交通の便や維持費といった細かな質問にも無料でお答えできます。

別荘づくりを一からサポート

弊社では、軽井沢にオリジナルの別荘の建築を考えている方のお手伝いもしております。設計図の作成は提携するベテランの建築士が担当致します。軽井沢のような自然豊かな環境と調和する家づくりを得意としておりますので、景色との調和を乱さずに、お客様の理想に限りなく近い別荘を建てることができます。なお、これまでの別荘の写真はサイト内の分譲実績で閲覧可能となっています。

買い換え時のお手続きも気軽に相談可能

査定から売却までの流れがスピーディー すでにお持ちの軽井沢の不動産を売却し、その費用を足しに新しい物件を購入したい。そのような希望を持たれている方も、株式会社リゾートホームにお任せください。弊社には査定の専門スタッフが常駐しておりますので、現在の物件の適正価格を正確に割り出します。値段にご納得いただけた場合は、媒介契約を結び、売主様の大切な不動産の販売活動を致します。契約後は速やかに売却ができるよう、様々な手段を講じます。 媒介(仲介)契約の内容について 媒介契約には、専属専任媒介、専任媒介、そして一般媒介の3つがあります。専属専任媒介契約及び専任媒介契約は、売主様と弊社のみの2者間の契約となっており、そのほかの仲介業者は挟まない形式です。メリットとしては、こまめに販売状況を売主様に報告する点と、積極的に営業活動ができるという点です。一見似ている印象の契約形態ですが、専属専任媒介は必ず弊社を通して売買契約を結ぶ必要のある契約なのに対して、専任媒介は弊社を介さずに売主様自らが探されたご友人の方などと直接売買契約を結ぶことのできる契約という点で大きな違いがあります。一般媒介契約は、弊社以外の業者にも物件の取り扱いを依頼できる契約となっています。複数の業者に依頼するため、広い範囲で買い手を探せるというメリットがあります。

使いやすい不動産検索機能

将来的には軽井沢には住みたいけれども、まだ検討の段階という方は、弊社サイトの検索機能を活用してください。検索は、旧軽井沢や南が丘といったエリアから探すこともできますし、1000万円以上や5000万円以上といった、価格帯から探すこともできます。軽井沢の位置関係がよくわからないという方は、「地図から探す」をご利用ください。バイパスやホテル、美術館などの地理を大まかに示した軽井沢マップが見られるので、直感的な物件探しが可能です。また、弊社が自信をもっておすすめする「自社分譲物件」にもぜひ一度目をお通しください。厳選した不動産の情報を掲載しております。

SNSで最新の物件情報を発信

株式会社リゾートホームではBLOGfacebookなど、SNSのアカウントを開設しております。公式サイトよりも早く耳寄りな不動産の情報をアップすることもありますので、ぜひご活用ください。

資料請求も可能

弊社では多忙な方や、現地にすぐ足を運べない方の為に、不動産情報を記載した資料をお配りしております。右上の「資料請求内容の確認」から資料請求の申し込みフォームへ移行することができます。フォームでは種別(土地か、戸建てか)、使用目的(別荘か、店舗か)、そして予算やご購入される時期を入力していただくことで、弊社がお客様に合ったベストな資料をお送りします。 また、具体的な購入予定はないけれど、弊社への相談を希望される場合もお気軽にメールにてお問合せください。

リゾートホームにおまかせください!

不動産会社は日本全国にありますが、軽井沢エリアに限って言えば、物件数やサポートの手厚さという点でどこの会社にも負けない自信があります。終の棲家や束の間の癒し空間となる別荘など、お客様に合ったベストな物件を提案致します。ぜひお気軽にご相談ください。

株式会社 リゾートホーム 
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢386-11
TEL 0267-42-8775/FAX 0267-42-8685
(軽井沢駅より徒歩7分/駐車場ございます)

リゾートホーム外観

PAGE TOP

PAGE TOP

リゾートホームフェイスブック