リゾートホーム BLOG

コラム・雑記

軽井沢に定住する方必見!寒い冬に外せない車対策

2018年03月08日 Writer:りぞほくん

夏も涼しい軽井沢。
しかし、もしあなたが軽井沢の邸宅を別荘ではなく定住地として考えているなら、冷え込む冬のことが心配ではないでしょうか。
標高1000mに位置する軽井沢は、夏が涼しい代わりに冬は大変冷え込みます。


1・2月の平均気温は-3℃、平均最低気温は-8℃となっており、ひどい時には-16℃まで下がります。
そんな軽井沢の冬には、寒さ対策だけでなく、車への対策が重要なのです。
そこで今回は、軽井沢に定住するなら知っておきたい、冬場の車への対策をご紹介します。


■対策1:雪の積もる道路でも走れる車・タイヤにする

軽井沢は豪雪地帯ではないものの、ある程度の雪は降ります。
また、森を分け入った未舗装道路のような足元の悪い道が存在します。


そのため、軽井沢で車を乗るためには、4WDのような足回りの強い車を選ぶのがおすすめです。
4WD以外の車の場合でもFF(前輪駆動)タイプの車を選ぶようにしましょう。
少なくとも、足が取られるスポーツカーで冬の軽井沢を移動するのは危険ですのでおやめください。


また、積雪や路面凍結に備えてスタッドレスタイヤが必要です。
例年12月ごろには雪が降り始めるので、スタッドレスタイヤへの交換は東京の冬が来るよりも早くしなければなりません。


■対策2:フロントガラスの凍結を見越す

凍てつく寒さのため、冬場には車のフロントガラスが凍ります。
手で拭くぐらいでは取れないため、すぐに車を出すことができません。
対策としては、事前にエンジンをかけ車内に暖房を入れるか、解氷スプレーを吹きかける方法があります。


事前に暖房を最大出力でいれれば10分ほどで溶けます。
遠隔で操作できるエンジンスターターを使えば、寒い中暖房をつけに行く必要がないので便利です。
また、解氷スプレーを吹きかければ、見る見るうちに溶けていきます。


注意してほしいことは、お湯をかけて霜を溶かすことはしないこと。
その場では溶けるものの、走り出すと、残った水分が再び凍り付いて危険です。
予算面で余裕があれば屋根付きガレージが欲しいところです。


このように、寒冷地軽井沢での車生活は注意が必要です。
軽井沢で定住、別荘の購入をお考えの方は、冬の車の注意点をしっかりと考慮して、準備をしてくださいね。

株式会社 リゾートホーム 
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢386-11
TEL 0267-42-8775/FAX 0267-42-8685
(軽井沢駅より徒歩7分/駐車場ございます)

リゾートホーム外観

PAGE TOP

PAGE TOP